プロ向けバレエ教室・スクールの選び方

スポンサーリンク


プロ向けバレエ教室・スクールの選び方

 

プロを目指すあなたへ

プロを目指すときに気を付けたいスクール選びのポイントや、
スクール費用、先生の選び方について解説しています。

 

プロダンサーになるには様々な道と方法があります。
また人によってプロダンサーを目指す時期も異なりますので
ここでご紹介している記事はあくまで【参考】としてご覧ください。

 

プロ向けバレエ教室・スクールの選び方

プロ向けバレエスクールを選ぶポイント

プロを目指すときの先生の選び方

プロ向けバレエスクールの費用

プロダンサーを目指す時に大切なこと

プロ向けバレエスクールのレッスン内容

スポンサーリンク

プロ向けバレエ教室・スクールの選び方記事一覧

 

プロを目指す場合のバレエスクール選び。どんなことに気を付けてバレエスクールを探したらいいかをまとめてみました。レッスンを担当する先生をチェックプロ向けスクールの場合にはスクールの規模というよりはレッスンを担当する先生が重要となります。先生がどこのスクール出身か、どこのバレエ団で活躍されていたかをホームページでチェックしておきましょう。スクールを開講している先生には、その大元となる「先生」が存在しま...

 
 

プロを目指してバレエスクールに入る場合、「有名なバレエスクールだから」というブランドに惑わされないことが大切です。選ぶポイントとしてはやはり先生が一番大切になります。どんな先生が理想?先生選びでは次の3つのポイントが重要になってきます。どれだけ基礎を重視しているかどんなスクールであっても基礎を疎かにしては、プロのレベルにまで上達することはありません。バレエというと華やかなイメージがありますが、大切...

 
 

プロ向けバレエスクールの費用趣味のバレエ教室と比べてプロ向きのスクールの方が費用が高いイメージがありますね。実際、熊川哲也氏のK-バレエスクールや、松山バレエ学校などの有名バレエ団の付属スクールであれば費用は高めですが、そうでなければ、趣味クラスと比べてさほど代わりはありません。参考「趣味向け 子どもバレエ教室の費用相場・料金」ここでは主に有名バレエスクールに焦点を当てて費用相場をご紹介します。有...

 
 

幼少期の先生選びプロを目指す時にはとにかく先生の存在が非常に重要となります。バレエを習い始める年齢としては3歳前後が多いですが、そこからプロへの道の「基礎」が始まっています。親がどうしてもプロにさせたいと思っているのであれば3歳前後からプロ向けのスクールに入れる方もいます。幼児の場合、身体の基礎もまだ整っていないのであまり激しいレッスンは行ないません。シューズの履き方なども分かっていない段階なので...

 
 

本格的なプロ向けコースに入るのは小学校の高学年からプロ向けのレッスンに入る大前提として、まずは、「バレエの基礎とトゥシューズが履ける身体が出来ていること」が大切なポイントになります。基本的にプロ向けコースに入るのは小学校高学年からです。その理由としてはトゥシューズが履けるか否か、そしてトゥシューズを履けるだけの基礎と身体づくりが出来上がっていることが基準となっているからです。小学校低学年のうちにト...