大人バレエ教室の体験レッスンで確認すべきこと

スポンサーリンク

 

大人バレエ教室へ通う前には、
かならず体験レッスンを受けることをお勧めします!

 

 

どのバレエ教室でも、見学や体験コースを用意しているので
まずは気軽に電話問い合わせをしてみてください。
ここでは見学・体験レッスン時に注意・確認すべきポイントをまとめました。

 

まずは見学をする時の注意。

まず見学をする時の注意ですが、
「最初の30分だけ見学可」という教室は注意です。

 

バレエレッスンは最初の半分がバーレッスン、もう半分がフロアで踊る
センタレッスンになっていますが、最初の30分だけですと、
この基本のバーレッスンしか見ることが出来ません。

 

「見学のみ」というバレエ教室は最近は少なくなっています。
たとえ有料であっても「体験レッスン」ができる教室であれば
迷わず体験を選ぶことをオススメします!

 

 

教室の広さは?

バレエはやはり広い教室でのびのびと踊りたいですよね。
カルチャースクールのバレエ教室などでは、天井が低く、
生徒同士の身体がぶつかりそうなくらい狭い教室もあります。

 

いくつか教室を見て回って比較しながら、
「ここの教室で踊ったら気持ちよさそうだな」
と思えるような広い教室を探してみるといいでしょう。

 

 

体験レッスンを受けるときに確認したいこと

体験レッスンで確認しておきたいことですが、

 

  • 同じレッスンを受ける人と仲良くなれそうか
  • 年齢層が合っているか
  • 先生の人柄やレッスンの雰囲気
  • レッスンの内容が難しすぎないか
  • 発表会の参加は義務か希望性か
  • 発表会があるとすれば費用はいくらか

 

などが挙げられます。

 

十人十色というように、バレエ教室によって雰囲気が違います。
また自分の目的によっても、通うべきバレエ教室は異なってきます。

 

 

「きちんと練習し、発表会にも出てみたい!」
という本格大人バレエを目指す方は、
規律のあるバレエ教室の方がやりがいがあるでしょうし、

 

 

「美しい立ち振る舞いや姿勢を手に入れたい」
という方は、規律のゆるいカルチャースクールなどの方が
のんびりと無理なく通うことができるでしょう。

 

 

たった1回の体験レッスンで全てを把握することは難しいので、
いくつか「絶対に譲れない条件」を箇条書きにして、
それをチェックしながら教室をいくつか回ることをオススメします。

 

 

体験レッスン時の服装は?

体験レッスンの段階では動きやすい服装で良いので、
ジャージやヨガパンツとTシャツというスタイルで大丈夫です。

 

 

また、バレエシューズは貸し出してくれる教室もあれば
靴下で大丈夫なところもあるので、
体験の段階で購入しなくてはいけないものや
揃えなければいけないものはないと言われています。

 

 

一応、見学・体験レッスンの問い合わせ時に必要なものがあるかどうか
確認しておくにこしたことはありません。

 

 

バーがなくても大丈夫!自宅でできる大人バレエレッスン。

大人バレエ教室の体験レッスンで確認すべきこと

近くにバレエ教室がなかったり、教室に通うのが恥ずかしいという方のレッスンDVD「小山久美 大人から始めるバレエレッスン」。教室に通うよりもお手軽で、なのに本格的なレッスンが受けられると評判です。

身体の使い方の基礎を教えてくださるので、どの年代のダンサーにもオススメできます。

スポンサーリンク