大人バレエレッスン時の服装

スポンサーリンク

大人バレエレッスン時の服装は?

大人バレエレッスン時の服装は、
通常のバレエレッスンを行なう時の服装と同様で、
レオタードにタイツというスタイルが基本となります。

 

入会する前の体験レッスンで、
レッスンに来ている生徒さんを実際に見て
どんな服装でレッスンを受けているのかを確認すると
レッスン時の服装がわかるので安心ですね。

 

体験レッスンで生徒さんのレッスン着をチェック!

また、体験レッスンに訪れた際には、
教室の指定スタイルとして揃えなければ
いけないものはないのかの確認をしておくと良いと思います。

 

大人バレエレッスンへの入会を決める前には、
体験レッスンを受けることをお勧めしますが、
その際の服装は、ジャージにTシャツといった動きやすい服装に靴下もしくは、
教室で貸してくれるバレエシューズを履いて体験することが出来るので、
体験だからと何かを揃える必要はないことがほとんどです。

 

バレエレッスンにレオタードがふさわしい理由。

バレエのレッスンではなぜ、レオタードにタイツのスタイルなのでしょう。

 

レオタードは身体のラインを隠すことができません。
そのため、正しいポジションができているか、正しい動きができているかを、
自分も先生にも目で見ることができるためバレエに適しているのです。

 

最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、
「美しい身体と姿勢を手に入れる」ためには
レオタードを着てレッスンに励むことが一番の近道です。

 

ただそれでも恥ずかしいという方は多いので、大人バレエの生徒さんは
巻きスカートや、オーバータイツ、パンツなどを着けている方もいらっしゃいます。
体型をカバーするだけでなく、冷えなどを防止することもできるので、
大丈夫な教室が多いようです。

 

 

バーがなくても大丈夫!自宅でできる大人バレエレッスン。

大人バレエレッスン時の服装・レオタードは何をそろえる?

近くにバレエ教室がなかったり、教室に通うのが恥ずかしいという方のレッスンDVD「小山久美 大人から始めるバレエレッスン」。教室に通うよりもお手軽で、なのに本格的なレッスンが受けられると評判です。

身体の使い方の基礎を教えてくださるので、どの年代のダンサーにもオススメできます。

スポンサーリンク