バーレッスンとは?

スポンサーリンク

バレエレッスンの基本「バーレッスン」

バレエのレッスンのひとつバーレッスンは、
バレエの基本となる動きをバーにつかまりながら練習する方法です。

 

バーレッスンでやること。

バーレッスンでは基本の動きのプリエから始め、バットマン・タンジュ、
ジュテ、デガジェ、ロン・ド・ジャンブ・ア・テール、と
バレエの基本の動きをひと通り行ないます。

 

バレエのレッスンをはじめたばかりの人は、
これらの動きは両手でバーにつかまって練習することも多いようですが、
通常は左手、右手交互にバーにつかまり
左右2回をワンセットとして基本の動きを練習します。

 

 

バーレッスンの目的

バーレッスンでは、バレエの基本となる動きと
それぞれの組み合わせを覚えるのが目的
です。

 

また、バーを利用するのは、
基本の動きを行なっている時にも体の軸はどこに
あるべきでどこにあるのかを確認するために必要とされています。

 

基本の動きをしていく中で、
倒れないようにバーにつかまっているわけではないので
しっかり握るのではなく、軽く添える程度で握るようにします。

 

バーを握る時は、親指以外の4本の指を乗せる形にすると、
片足重心をとる時などに懸垂の形で使うことができたり、
足を出す前にバーを軽く押すと自然に綺麗な形で体が引きあがって、
足が出しやすくなるなどバーを利用するメリットを有効に利用するのが理想です。

 

そして、バーからいつ手を離してもぐらつくことなくバランスを保ってしっかり
立つことができるように練習していきます。

 

バーレッスンで使用するバーは基本となる動きを行なう上での補助的な役割と
理想のセンターを探すためにレッスンで有効に利用することができるので、
無理をせず、正しい感覚を身につけるためにバーを利用すると良いですね。

 

 

バーがなくても大丈夫!自宅でできる大人バレエレッスン。

バーレッスンとは?大人バレエ教室の学び方

近くにバレエ教室がなかったり、教室に通うのが恥ずかしいという方のレッスンDVD「小山久美 大人から始めるバレエレッスン」。教室に通うよりもお手軽で、なのに本格的なレッスンが受けられると評判です。

身体の使い方の基礎を教えてくださるので、どの年代のダンサーにもオススメできます。

スポンサーリンク