バレエ教室探しでチェックすべきこと

スポンサーリンク


▲バリ・オペラザバレエ学校の練習風景

 

子どものお稽古事としていつの時代も人気なバレエ。
大きなスタジオから小さな町のレッスン教室まで、
バレエ教室を選ぶ際にチェックすべきポイントをまとめてみました。

 

 

基礎をどれだけ丁寧に教えてる?

バレエの基礎となる「バーレッスン」をどれだけ丁寧に教えているか、
基礎練習の方針などが、まず一番のポイントになります。

 

バレエというと「華やか」「トゥシューズ」というイメージがありますが、
バレエの負荷に耐えられるだけの身体を、まずはじっくり作る必要があります。

 

基礎となる練習を、どれだけわかりやすい言葉で、根気よく教えて下さるか、
という点に注目して体験レッスンをチェックしてみてください。

 

 

体験レッスンで確かめる!

体験レッスンが可能な教室は、ぜひレッスンに参加させてみましょう。

 

十人十色という言葉がありますが、バレエ教室も「十室十色」です。
バレエ教室の規模や、生徒数、プロを目指している生徒さんの割合で
ピリッとしていたり、のんびりしていたり、雰囲気は様々です。

 

 

たくさんの生徒さんに揉まれて切磋琢磨した方が伸びる子と、
少人数制の教室で、じっくり教えた方が伸びる子がいると思います。

 

 

お子さんの性格とどの程度バレエが上手くなりたいのか、
という目的に合わせて色んな教室を覗いてみてください。

 

 

教室の広さは?

教室はなるべく広く、解放的な教室をオススメします。

 

カルチャースクールの教室など、バレエ用に作られたスタジオで無い場合、
天井が低く、窮屈な教室があります。
そうなると、せっかくの踊りが小さくまとまったものになってしまいます。
伸び伸びと踊れる広い教室の方が気持ちいいですよ!

 

 

バレエ教室の費用は?

バレエ教室では毎月の御月謝を払うことになりますが、
相場としては週1ペースで3000-5000円くらいとなっています。

 

月謝は他のお稽古事とあまり代わりはないのですが、
発表会は別料金となり、1回につき10万円程度はかかってきます。

 

衣装はこちらで用意するのか、またはレンタルなのか、
先生へのお礼なども、生徒さんのお母さんからリサーチしておくといいですね。

 

 

お母さんのクチコミ評判は?

最後に、一番参考になるのがお母さんたちの「クチコミ評判」

 

レッスンにいくと、生徒のお母さんが見学していることがほとんどですので
「この先生はどうですか?」「他の教室と比べてどうです?」
とぜひリサーチをしてみてください。

 

他のお母さん方も、色んな教室を回った経験があるかと思いますので
きっと教室選びのアドバイスをいただけますよ。

スポンサーリンク